4輪アライメント

4輪ホイールアライメント

ホイール(タイヤ)が車両に取り付けられているとき、
ホイール(タイヤ)にはわずかづつ、いろいろな方向に角度が付けられています。

車両を正面から見たときに地面に対しての角度を「キャンバー角」、
車両を真上から見たときに進行方向に対しての角度を「トー角」と呼びます
(ほかに「キャスター角」と呼ばれる部分もあります)。
これらの角度は車種によって決められた「基準となる数値」があり、
その値に対しての許容範囲とされる「上限値、下限値」が設定されています。

これらの数値を測定及び調整を行うのを4輪ホイールアライメント調整と呼びます。

これらの数値は、新車の状態では基準値範囲になっておりますが、
経年により部品が劣化したり、事故や修理によって数値が大きく外れることがあります。


そうなると何が問題になるのか?
まず、お車の直進バランスが崩れます。
具体的には、ハンドルを真っ直ぐの状態にして走行しても、車が右又は左へと向かってしまったり、もしくは真っ直ぐ走っているにも関わらず、ハンドルの中心がずれてしまったりします。さらにその様な状態で走行を長距離に渡り続けていくと、タイヤの偏摩耗・早期摩耗、ひどい時には車軸を中心とした足回り部品に大きく負担をかけることになります。

その様な状態を避けるためにも4輪ホイールアライメント調整をお勧めいたします。

4輪ホイールアライメント調整をした方が良い事例

[check]直進走行時、バンドルの中心が右(左)へずれる。
[check]直進走行時、車体が右(左)に流れてしまう。
[check]タイヤが偏摩耗・短い距離しか走っていないのに摩耗してしまったとき。
[check]ローダウンサスペンションなどにより車高を下げたとき。
[check]事故により、タイヤ(ホイール)周辺の修理を行ったとき。
[check]走行距離が多いお車、年式の古いお車など

  • その他、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
  • 車種によりお受けできない場合がございます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional